シミが心配になったら水素水を活用しよう

シミの原因は紫外線

肌の老化を感じさせるのが、皮膚の色素新着やシミです。シミを作り出す原因となっているのは一年中降り注いでいる紫外線です。この紫外線を浴びることで悪玉活性酸素が大量に発生してしまい、後にこれがシミやその他のエイジングトラブルの原因となるのです。紫外線を浴びると悪玉活性酸素が発生し、同時に肌を守る為にメラニン色素が作られます(日焼けの状態)。通常なら肌が再生されるときに日焼けと共に悪玉活性酸素も剥がれ落ちますが、うまく肌の再生がなされないとシミとなって残ってしまいます。水素水は悪玉活性酸素を除去してくれる働きがあります。そのため紫外線をたくさん浴びてしまった時や、シミができてしまった時に、水素水と取ることで、悪玉活性酸素を除去し悪化を防ぐことができるとされています。

水素水でシミ予防

水素水をどのようにシミ予防に使ったらよいのでしょう。シミが一番気になるのはやはり顔ですね。一番良いのは水素水パックだそうです。水素水パックならダイレクトに水素が肌に吸収されます。でもどうやってパックしたらよいの?そう思う方はご安心を。水素パックというのが市販されています。水素水を飲んでも効果は期待できますが、水素水を飲んだ時にいち早く効果があるのは、一番悪玉活性酸素が溜まっているところだそうです。そこから除去されていくので、やはり直接顔に付けた方が良いということが分かります。さらに水素入浴で新陳代謝を高めて、肌の再生を助けるのも良いかもしれません。シミができてしまいそうと心配になったら、水素水を大いに活用しましょう。
水素水最新人気ランキング|効果なし?口コミを徹底調査!はこちら